日本赤十字社栃木県支部

講習会に参加したい

子どもを安全に育てるために、乳幼児期に起こりやすい事故とその予防、手当の実際、かかりやすい病気と看病の仕方などの知識と技術を学ぶ講習です。

幼児安全法支援員養成講習

受講資格:満15歳以上の方
費用(教材費等):1,800円

子どもの成長と発達、起こりやすい事故の予防と手当、乳幼児の心肺蘇生とAEDの使い方、子どもの病気と看病の仕方(感染予防む含む)を学びます。

また、災害時において要配慮者となる子どもやその保護者に対するケアも併せて学びます。

講習の最後に実技と学科の検定を実施いたします。

合格者には「赤十字幼児安全法支援員」の認定証を交付いたします。

認定証の資格有効期限は5年です。(平成28年4月1日以降の発行分から)

※受付は、開催日の3か月前の1日から、開催日の2週間前まで、行います。

例 7月25日の講習 の場合、受付は、 4月1日 から 7月11日まで 行います。

※定員に達した場合も、受付終了となります。

 

※申し込み人数が5名以下だった場合、講習会を中止することがありますのでご了承ください。

講座名 期日 時間 会場 定員 受付状況
支援員養成講習 6/27(土)、6/28(日)※感染症予防のため中止
9:00〜17:00 足利赤十字病院 20名 受付終了
支援員養成講習 9/26(土)、9/27(日) ※感染症予防のため中止 9:00〜17:00 芳賀赤十字病院 20名 受付終了
支援員養成講習 R3.1/23(土)、1/24(日) ※開催未定 9:00〜17:00 栃木県支部 30名 受付準備中